.

夏こそ着たい「黒」スタイル


2019-07-05 18:00 |

夏はついつい敬遠してしまう黒。
暑そうだし、重く見えてしまうから。

しかし、どんな色とも相性が良く、可愛いデザインでもカッコよく見せてくれる色こそが「黒」なのです!

ついつい明るめの服を手に取りやすい夏ですが、夏の黒は上品で色っぽい。
あえて逆手にとって、夏の黒スタイルで新しいおしゃれを楽しみましょう!

 
黒×黒はもう定番。
ならばネイビーと合わせてみましょう。
重いのが苦手な方は、軽い素材のボトムでバランスを。

Vlas Blomme no.36 チュニックシャツ
R&D.M.Co- no.2602 シルクコットンワイドゴムパンツ
…et R no.1 m.h ball ネックレス

 
白だとちょっと甘くなってしまうようなギャザーがあしらわれたブラウスも、ブラックをチョイスすればカッコよく着られます!
バッグなどの小物には、少しアクセントでシルバーを入れるてスパイスに。

suzuki takayuki no.6 スリーブレスブラウス
SoupleLuz no.13 クルーネックTシャツ
・Veritecoeur no.8 ドローストリングワイドパンツ
R&D.M.Co- no.3671 レザーバッグ

 
黒の面積が多くなってしまうワンピースですが、透け感があるアイテムを選ぶことで軽やかに。
インナーもヘルシーなタンクトップを合わせて、あえて透ける肌の面積を増やします。

ANTIPAST no.44 和紙ニットドレス
Tabrik no.14 日傘(ボーダー)

 
モノトーンコーデはもう定番ですが、白と黒の比率を変えるだけでも印象が変わります。
いつものモノトーンコーデが黒多めなら、次は白を多めで黒は差し色に。

Veritecoeur no.13 シルケット加工VCロングT
・R&D.M.Co- no.3561 コットンリネンギャバジンワイドパンツ
R&D.M.Co- no.3283 ガマ口ショルダーバッグ
BERRETTA no.1 ベルレッタスタイル/箱付き

 
逆にいつも黒を差し色に使う方は、差し色を白に変えてみてはいかがでしょう。

OLDMAN’S TAILOR no.287 テイラーバードプリントクルーネック
R&D.M.Co- no.3596 コットンオーガンジータックキュロット
R&D.M.Co- no.3009 ブレードベレー
OLDMAN’S TAILOR no.339 レザーポケットバッグ

 
YouTubeでもご紹介しております。
撮影風景もちらっと収めていますので、ぜひこちらもご覧ください♪

 
 
オフショット♡

.