. .
.

ts(s) 2020FW


2020-09-05 18:09 |


CREERでは主にメンズをオーダーしているts(s)も
2020年の秋冬がスタートしました。

このブランド、読み方からちょっと分かりづらいですよね。
「ティーエスエス」と読みます。
元々はデザイナーの鈴木卓爾さんのイニシャル「ts」というブランド名で
やっていたそうなんですが、その後に「(s)」が追加されました。
この「(s)」は何なのか伺ってみたのですが、
これは墓場まで持っていく秘密だそうです。

例年通りts(s)にはシーズンテーマがありません。

鈴木卓爾さんの「今」を切り取った洋服たちが並びます。
しかし、大きなブランドの方向性はあります。
「ありそうで無い物作り」
「行き過ぎない意外性」

トップ画像にも記したように相反するものを落とし込むことが
デザインの軸となっています。

もう少し具体的に言えば
「現代的解釈による独自のトラディショナルスタイルをベースに、
ワーク、ミリタリー、スポーツなどのスタイルを取り入れたデザイン」
という言葉になります。

言葉ばかりでは伝わらないので、
洋服を見ていただきましょう。

例えば、このコート。


ts(s) ドテラカラーレスコート

生地はツイードを使っているのでトラディショナルなスタイルかと思いきや、
形は日本に昔からあるドテラです。
ツイードとドテラの意外性ある組み合わせで、
ありそうでない物を作り出しています。

次にこのシャツ。


ts(s) フラワーオングレンプレイドPt ストレッチコットン BDシャツ

一見すると新しい迷彩柄かと思うデザインですが
よく見ると花柄なんです。
そして、その上にこれまたトラディショナルなグレンプレードを重ね、
全体にミリタリーカラーを施したデザインになっています。
生地はストレッチになっており、
これはスポーツスタイルを組み込んだ印象をもたらします。

そしてこのアウター。


ts(s) ジップフロントボンバージャケット

一見、土木作業員のようなアウターですが、そこはts(s)。
生地はスーツを仕立てられるようなウールです。
でも、スーツの生地ではまず見られないミリタリーカラー。
見る人の裏をかく生地使いです。

こちらはライナーベスト。


ts(s) ブロックストライプキルトベスト

ts(s)では毎シーズン作られていて定番的な商品です。
今シーズンはストライプ。
ワイシャツのようなストライプですが、
これまた絶妙な何とも言えない色に仕上がっています。
インナーとして内側から差し色として見せると威力を発揮しそうですね。

まだまだ紹介しきれない商品があるのですが、
こうやって見ていただくと
ts(s)のデザインやもの作りのスタンスが
少しお分かりいただけたのではないでしょうか。

近年、メンズファッションはベーシックがトレンドです。
しかし、このトレンドも長くなってきて
そろそろ変化が欲しい頃です。
ts(s)はそれを切り開く存在になり得る可能性を秘めています。
今後もts(s)の動きに要注目です。

.


12時までに決済が完了の場合に限り
当日発送可能

11,000 円以上で送料無料

会員登録でポイントが貯まる

ご利用ガイド